子供が死亡した家に「子ども手当」の申請書を誤送 港区(産経新聞)

 東京都港区は9日、すでに死亡している子供計18人の「子ども手当」の受給奨励通知と申請書を誤送したと発表した。誤送されたのは16世帯。コンピューターを使って支給対象となる子供を抽出する際、死亡している子供を除外するプログラムがなかったためだという。区は関係者に謝罪するとともに、「誤りをチェックする仕組みを構築する」としている。

 区によると、区は6日、区内1万7585世帯に、子ども手当受給奨励通知書などを発送。翌7日に、死亡した子供の母親から「うちの子供は死亡しているのだが、どうなっているのか」との電話があり、誤送が発覚した。

 区によると、誤送したのは、これまで児童手当を受給しておらず、複数の子供がいる上に死亡している子供がいる世帯。

 区は児童手当未受給世帯のうち、子ども手当の受給対象世帯を抽出する際、死亡している子供をリストに記載しないようにプログラムを設定していなかった。

【関連記事】
【私も言いたい】子ども手当「必要ない」8割超す
子ども手当法案成立 1人月額1万3000円
子ども手当、早くも相次ぐ外国人の問い合わせ 
子ども手当「悪用必至」ネット上で批判
子ども手当、年2回面会に4カ月ごと仕送りチェック 外国人向け不正防止

研究系の38法人を統合へ、政府が仕分け方針(読売新聞)
がん対策提案書を長妻厚労相に提出―対策推進協(医療介護CBニュース)
「変わる意思なければサッサと辞める」幹事長代理就任で河野太郎氏(産経新聞)
阿久根市長「中身ない判決、裁判官は見下してる」(読売新聞)
「きのさき」「北近畿」新型車両のデザイン発表(読売新聞)
[PR]
by sat1rvmvzy | 2010-04-13 12:17
←menu