名護市長選、24日投開票=期日前、前回の1・5倍(時事通信)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非を争点とする同県名護市長選が24日、投開票される。新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=と、再選を目指す現職の島袋吉和氏(63)=公明支持=の無所属2人の争い。結果は5月までに結論を出すとしている政府・与党の移設先の選定作業に影響を与えそうだ。
 普天間移設をめぐっては、稲嶺氏は名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画に反対し、県外移設を主張。島袋氏は滑走路の沖合移動を条件に、辺野古への移設を容認する立場だ。島袋氏は自民党の支援も受けている。 

【関連ニュース】
「期限」の言葉は使わず=普天間で日本の検討見守る
6月上旬の日米首脳会談検討=普天間合意の場合
5月までに日米合意=普天間移設で首相明言
普天間移設の各党案、2月に延期=政府・与党検討委
5月結論、地元の同意なしも=普天間移設で平野官房長官

検察批判会合への政務官出席 官房長官「政府と一体なら不適当」 (産経新聞)
水俣病訴訟 和解協議始まる 不知火患者会と被告(毎日新聞)
都議補選あす投開票(産経新聞)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
<夏川りみさん>妊娠3カ月とわかる 1月下旬まで休養(毎日新聞)
[PR]
by sat1rvmvzy | 2010-01-24 08:57
←menu