初の介護食「パン」を開発=アンデルセングループ(時事通信)

 パン製造・販売で知られるアンデルセングループ(広島市)のタカキベーカリーは4日、介護食用のパンである「らくらく食パン」を開発したと発表した。同社によると、パンの介護食は業界初。8日から医療機関や介護施設向けに販売を開始する。
 口腔(こうこう)内のだ液が奪われやすいパンは、咀嚼(そしゃく)能力が低下した高齢者には食べにくい。一方、高齢者の多くは戦後の食の欧米化の流れの中で、パン食に最も親しんだ世代でもある。「パンを食べたい」という強い要望が介護現場などから寄せられていたことが開発のきっかけになった。
 「らくらく食パン」は、特殊な製法でタンパク質の一種であるグルテンの量を減らし、舌でつぶせるほどの柔らかさにすることで介護食としての安全性を確保した。パン独特の食感はないが、見た目や風味を楽しむことができるという。 

公選法違反の武山百合子元衆院議員に有罪判決 さいたま地裁(産経新聞)
【科学】東京スカイツリー支える技術 地下50メートルまで特殊構造の杭(産経新聞)
美濃まつり 作業場はもう春 花みこしの花染め最盛期(毎日新聞)
美少女フィギュア万引き、前刑事課長に罰金30万(読売新聞)
「自殺サイト知り合った」鎌倉で男女3人の遺体発見 練炭自殺か(産経新聞)
[PR]
by sat1rvmvzy | 2010-02-05 16:51
←menu